本文のエリアです。

研修の特色


中世英国文化の雰囲気を楽しみながらの英会話レッスン

EFL資格等を持つ講師とスタッフが異文化学習を多面的にサポートします。

※EFL=English as a Foreign Language 「外国語として学ぶ英語」のこと

常時20名を超える講師が駐在、施設近隣エリアで生活しています。採用時の条件としては、英語のみにとどまらず、美術・工芸品作り、音楽、スポーツなどの文化を通して教えるための得意分野を有することとホスピタリティマインドを備えていることが求められます。出身国は英国をはじめとして、旧英連邦諸国のカナダ、オーストラリア、ニュージーランド、南アフリカ共和国等とバラエティに富みます。
 
講師はレベルやニーズにあった実践に対するプロフェッショナルであるばかりではありません。体験型滞在研修であることから、日本人が苦手とする食事をしながらの社交会話やマナー、夕食後のパブでのカジュアルトークなども含めて、受講生の異文化学習を多面的にサポートできるようトレーニングされています。
 
また、講師以外のホスピタリティ部門に働く外国人スタッフが10~15名程、レセプション、ショップ、パブ、リフェクトリー等に配置されています。レッスン以外の時間でも総合的に高密度の英語環境を作り出せるよう日々励んでおり、この意味では講師に準ずる役割を担っています。